横浜でヒアルロン酸注射を受けるには

欠点としては効果が持続しないこと

気軽にできるプチ整形の一種欠点としては効果が持続しないこと種類選びが適した効果を得るのに重要

ヒアルロン酸注射に使われるヒアルロン酸は、人体に存在する物質でコラーゲンを保持する働きがあり、肌の水分や潤滑性、柔軟性を保つといった役割があります。
若いうちはヒアルロン酸もコラーゲンもともに充実しているため柔軟な肌となっていますが、加齢や紫外線により肌細胞の新陳代謝が低下することによって、肌から水分や潤い柔軟性が失われてしまいます。
従来の美容整形においては皮膚を引っ張ったり人工物を挿入するなどして肌のはりを復活させていましたが、この方法では切開をする必要があり、また医師の技術によって思ったような結果にならないリスクがあります。
一方でヒアルロン酸は体内に存在するものであり、液体であるので従来の方法よりも効果的に肌のはりを復活させることができます。
また注入することではりを取り戻すため効果も即効でダウンタイムも必要ありません。
ただしヒアルロン酸の欠点としては効果が持続しないことです。
理由としては、体内に存在する物質であり、体内に注入されると吸収されていきます。
長期間持続するヒアルロン酸も増えていますがいずれにしても3ヶ月程度で効果は薄れます。
このため効果を持続する場合には定期的にヒアルロン酸注射を行う必要があります。
またダウンタイムはほとんど必要ありませんが個人差があり場合によっては2週間程度は痛みや腫れが出る場合があります。
また術後は激しい運動は避けることが無難です。

ヒアルロン酸注射 横浜品川美容外科【全国版】